ホーム > 太陽光発電の経済効果

太陽光発電の経済効果

   電気料金は上昇傾向にあります。一般家庭の月平均電気使用量は総務省のデータでは400kWh以上使用している事になっています。この数字を元に電気料金を計算すると月額12,000円程度となります。1kWhあたりの電気代に換算すると約30円になります。

   太陽光発電システムで電気を自給する場合の発電費用はいくらぐらいになるでしょうか。当社お勧めのハンファQセルズの太陽光システムを設置した場合で計算してみます。

 

 

  • ・10年間使用時の発電費用(年0.6%の発電量低下※1を見込む)
  •      総発電量:43,890kWh
  •      1kWhあたりの発電費用:設置費用92万円 ÷ 総発電量43,890kWh≒21円
  •  
  • ・25年間使用時の発電費用(年0.6%の発電量低下※1、パワーコンディショナ交換費15万円を含む)
  •      総発電量:104,956kWh
  •      1kWhあたりの発電費用:設置費用92万円+パワコン交換費15万円÷総発電量104,956kWh≒10.2円

 太陽光発電を長期間ご利用頂くと現状の電気代30円/kWhを下回ります。太陽光パネルの出力保証の上限の25年間使用して頂くと10.2円/kWhとなりかなりお得になります。

  日中の電気使用を抑えて頂く事で発電した電気を売電する事も出来ます。そうする事で更に1kWhあたりの発電費用を下げる事が出来ます。

※1 太陽光パネルは経年変化により発電量が年々減少していきます。ハンファQセルズの発電保証を元に年間0.6%の出力低下としています。


いま、なぜ太陽光発電なのか?

  1. CO2を出さない自然エネルギーで地球環境保護に貢献
  2. 日中の使用電力を自給でき、脱原発に貢献。 余る電力は電力会社に売電。
  3. 自治体の補助金、売電制度で投資負担が極少。
  4. 10年間の売電期間が終了しても蓄電池や電気自動車で活用。

太陽光発電の経済性

経済性の検討方法

1.お客様の設置条件で発電シミュレーションを行います。

月間発電シュミレーション

2.お客様の現在の使用電力をお伺いし、売電/自給電力を推定します。

家庭での自給電力の分析

3. 経済効果をシミュレーションします。

これにより、設備償却の年数や、ローン完済時の予想利益などを分析します。
(具体的な数値を用いての経済性の検討はご相談下さい)

経済効S果の分析

上記のグラフは、頭金0円、初回:8,548円、月々:8,527円、実質年率:2.15% で試算しています。

  • 日本瓦ユニオンへのお問い合わせ お電話またはフォームにてお気軽にお問い合わせください。電話番号050-3536-8-2662 お問い合わせフォームはこちら

お見積り・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは050-3536-2662まで

Webからはこちら。お問い合わせフォーム

    太陽光発電記録
    取り扱い商品のご案内

太陽光発電ラインナップ

    太陽光発電のベンツ 低照度に強い Qセルズ
    ソーラーフロンティア

三州瓦ラインナップ

    	住宅用太陽光発電
    	土葺き太陽光発電
    産業用太陽光発電
    産業用太陽光発電
     
      土葺き屋根で太陽光設置を考えているお客様へ
      沿岸地域で太陽光設置を考えられているお客様へ
      看板設置について
      追尾架台のエナトラ
      oricoリフォームローン
     
    COOL CHOICE