太陽光発電、軽量化リフォーム、
住環境改善の事ならぜひ当社に
お任せください。

お問い合わせ

freedial

0120-337-513

受付時間:9:00~17:00 定休日:日曜日

mail

太陽光Q&A/よくあるご質問

経済性についてのQ&A

太陽光発電は何がメリットですか?
CO2を発生しない自然エネルギーで、温暖化防止に貢献できます。
昼間時の電気エネルギーが自給でき、停電時の非常電源にもなります。
節電すればするほど売電でき、政府・自治体の補助金を活用すれば、10年以内に設置費用が回収できる経済性もあります。
太陽光発電は何年で元が取れますか?
お客様の屋根での設置条件や、ご家庭での電力使用状況にもよりますが、凡そ10年で設置費用が回収できます。
一度当社に『発電量シミュレーションと経済効果分析』をご依頼頂き、ご自身で結果を確認されることをお勧めします。
どの位の電力を発電できる?
屋根での設置条件、地域の日射量、その年の天候によって影響されますが、凡その目安として1kW当たり年間1, 100~1, 300kWh程度発電できます。
お客様の条件をお聞きし、発電シミュレーションを行いますので、お問合わせください。
ごみなどによる発電量の影響は?
一般の住宅地区ではごみやほこりなどの汚れは降雨で流されるので、掃除の必要はありません。
また木の葉や鳥の糞等が、部分的に付着しても発電量が大きく損なわれることはありません。
平均的な都市部の汚れにおける出力低下は5%以下です。
停電でも利用できるの?
太陽光発電機器の自立運転機能は、太陽光が当っていれば、停電時にも利用可能になります。
※自立運転機能とは、日中の太陽の光を利用し、太陽光発電システムから発電された電気を非常用電源として使えるようにするパワーコンディショナーの機能で、本体に非常用電源のコンセントが付いています。

設置についてのQ&A

太陽光発電装置はどれを選べば良いのですか?
当社では各社パネルの発電量を計測しており、お客様の設置条件に最も合った、費用対効果の高いシステムを提案いたします。
屋根に載せる発電容量は何kWが良い?
一般家庭の消費電力を上回る4~5kWh以上が望ましいといえますが、2010年度の全国平均は4.12kWhでした。
実際には、お客様のご自宅屋根を調査して設置可能枚数・使用するパワーコンディショナー容量や、工事方法を検討させて頂きます。
できるだけ沢山ソーラーパネルをのせたい場合は?
ご自宅の屋根形状に合わせたパネルの選択が重要です。特に寄棟の場合は小型サイズのパネルで搭載量を増やすことが必要です。
また設置面積が小さい場合には、価格が多少高価ですが面積当たりの発電量が多いタイプを選ぶのが有効です。
設置できる屋根の勾配は?
太陽光発電の設置面は30度前後が理想ですが、発電量が約2%しか変わらない20~40度程度の勾配でもさしつかえありません。
瓦の施工及びパネルの施工は4~5寸勾配が基本となります。6寸以上の勾配への設置は、屋根足場等の安全対策が別途必要になります。
設置できる方角は?
屋根の方角によって、太陽光発電の発電量は変化します。
南向きを100%とした場合、南東・南西面が96%、東西面が85%、北面が66%となりますので、北面はお勧めできません。弊社ではお断りしています。
雷が落ちやすくならない?
太陽電池だから雷が落ちやすいということはありません。
屋根や屋上に設置する他の設備と同様です。
屋根置きタイプと瓦屋根一体型とは何が違うの?
屋根置きタイプは、パネルの下の屋根材を施工しながらパネルを取り付けていきます。
屋根一体型は、パネルの下をロール板金で施工するので、パネル周りに施工する屋根材はパネル下には施工しません。
瓦屋根一体型は新築以外でも採用できるか?
基本的には新築以外では対応できません。
ただし、屋根の葺き替えを行う場合は、新築と同様の施工が可能になります。
既築の現場には、屋根置き型をお奨めします。

メンテナンスについてのQ&A

保証期間や耐用年数は?
メーカーの規定によりますが、通常10年間のシステム全体の保証に加えて、太陽電池モジュールについては25年の出力保証を実施しております。
お問合せください。
瓦のメンテナンスは必要?
陶器瓦については、基本的にはメンテナンスフリーです。
太陽光パネルの下地板金のメンテナンスは必要?
環境にもよりますが、太陽光パネルの下地板金については、パネルの周辺の露出している部分のみの塗りなおしの対応が必要になります(約15~20年後)。
パワーコンディショナーの音はうるさい?
運転時わずかに音がします。
日中のみの運転となりますので、日中の騒音レベルを考えるとそれほど大きな音ではないと考えます。
ただし、人によっては気になる場合がありますので、設置場所には注意する必要があります。